ふるさと納税とは?節約節税にはふるさと納税がおすすめ

2019-11-03

ふるさと納税ってご存知ですか?

私はサラリーマンなのですが、昇給は毎年微々たるもので、早々簡単には増やせないので、

代わりに出費を減らそう!と思いやっており、大変お世話になっております。

ここでは同じような境遇の方に向けて、ふるさと納税の仕組みと魅力をご紹介します。

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」とは、あなたが応援したいと思う全国の自治体に寄付ができる制度です。

その代わりとして返礼品を納税した自治体から戴けるというものです。

それで、納税手続きを行うと住民税や所得税の還付・控除を受けることが出来る、という仕組みです。

メリット

自治体への寄付により以下のようなメリットがあります。

地域貢献につながる

地域の特産品が返礼品として貰える

寄付をした金額が税金から控除・還付される

節税として②、③を目的にふるさと納税を実施する方が多いと思います。

デメリット

ふるさと納税によるデメリットは以下です。

①納税申請の手間が増える。

デメリットは少なく、メリットが多いですよね。

ふるさと納税を実施していない場合と比較して手間が増えますが、

ワンストップ特例制度で手間が少なく納税申請が出来る仕組みになっています。

注)ふるさと納税は、納税者の年収により寄付金の控除を受けられる金額が決まっていますので注意が必要です。

返礼品を貰いましょう

実際にこの制度を利用している方は、「ただ住民税を支払ってても何も見返り(物品)がないなら、ふるさと納税制度を利用し、目当ての返礼品を戴くことが可能な自治体に寄付をしよう!」という認識ではないでしょうか。

つい最近の話題ですが、それにより様々な問題が起こっていますが、、、
自治体の特産品でない返礼品(ギフトカードなど)を送る自治体は政府から目をつけられていますね。
個人的には何も貰えないよりは貰えた方がいいので、アリかな、とは思いますが、
特産品で勝負(?)している自治体が不利になり、結局納税の二極化が進むのは可哀想ですね。
ここら辺、不公平感が無い様に政策を推進した政府がルールを決めないとですね。

最後に

とっても便利なふるさと納税制度。

返礼品は本当に数多くの種類があり、 私はお肉、お米、海産物、お酒やなど普段食べられないような高価な食品を戴くことが多いですね。

一度どんなものがあるのか見てみるとやってみようかな!と興味を持って頂けると思います。

関連するオススメ記事

歯磨き粉ってどうやって選んでる?選び方のポイントを教えます。

【乳製品】ヨーグルトメーカーで自作ヨーグルトのコスパ最高【値上げ】

500円玉貯金のコツ【簡単に貯まります】

100均貯金箱にいくら貯まるの?【500円貯金】

生活

Posted by ハル